税理士は税金と私たちの中を取り持つ重要な存在です。

税理士と節税

「税金」は国民が義務で納めるお金です。
では税金はどういったことに使われているのでしょうか?
たとえば交通事故を例にあげますと、警察がに来ます、そして怪我人がいれば救急車が来ます。
この当たり前のように行われることに税金が使われています。
簡単に言えばこう言った公共サービスにほとんど税金が使われています。
もし税金=予算がなければ交通事故がおきても、怪我人が出ても、警察、消防署は来ません。当たり前と思っていたことがなくなるのです。このことから国民が税金を納めることはとても重要なことです。
そう思いたいのですが、この不況の時代、なんとか節税して安く税金を納められないかと思うのは誰しも同じではないでしょうか?
「でも節税ってどうすれば?」
専門分野に素人の私たちとって当然思います。
そこで税務のプロでもある税理士という存在が浮かんできます。
普段、接することのないこの税理士は税金を納める私たちの代わりに税務処理や書類の作成などをやってくれます。それ以外に税務に関する相談もしてくれます。
節税のことをお考えなら税理士に相談すればいい解決策が見つかる可能性が期待できます。
avance

Ő\ir